blog

薬膳講座~こころのケア~

みなさまこんにちは 薬膳師の林映里子です

今月の薬膳講座は「こころのケア」

テーマの希望を募ったところ、

「パニック障害」をケアする薬膳はあるの?というお声をいただきました。

一種の現代病と言われるパニック障害は

古代の書物には対応する明確な治療法はないようです。

今回は「動悸」「不眠」などの症状から原因を見ていき

改善できる薬膳をご紹介しました。

 

心、胆、腎、肺などの内臓の働きが低下し、気血の不足や滞りなどで

起こるそれぞれの不調に合わせて食材を選びますが

薬膳ならではの『安神』という作用のある食物を取り入れることもお勧めします。

精神不安や、煩躁(いらいらしてじっとしていられない)、興奮による不眠などに効果があるとされています。

ランチには蓮の実、青梗菜、いわし、白ワインなどを使用しました☺

 

%e3%81%93%e3%81%93%e3%82%8d%e3%81%ae%e3%82%b1%e3%82%a2%e5%85%a8%e4%bd%93

 

こころとからだの繋がりは複雑ですが、

食べ物の力を借りて、少しずつ紐解いて行けたら良いですね。

 

 

※参考:現代の食卓に生かす「食物性味表」(編纂:日本中医食養学会)

 


 

<次回ご案内>

12月19日(月)  10:00~

今年最後の講座です。テーマはシークレット!

スペシャル薬膳!? お楽しみに♪

 

お問い合わせ・お申し込みはこちらまで