blog

薬膳講座・夏を乗り切るお助け薬膳

皆さまお元気でお過ごしでしょうか?

薬膳師の林映里子です。

 

昨日は薬膳講座、「夏を乗り切るお助け薬膳」を開催しました!

暑くなって体の不調を感じていませんか?

疲労感や食欲不振、喉の渇きや不眠など…

薬膳の考え方を取り入れることで、元気に乗り切って欲しいと思います。

 

皆さんは夏バテだと感じたら何を食べるでしょう?

ウナギ・焼肉…スタミナがつきますよね!

でも、疲労は体からのSOSサイン。内臓も弱っているので

油の多いものなど消化に負担のかかるものは

逆に疲労感が増してしまうことになりかねません。

まだ元気なうちに、予防のつもりで食べていただくのがおススメですよ。

 

薬膳は体に必要なものを足すだけでなく、

余分なものはしっかりと出すという引き算もします。

蒸し暑い日は体の中にも熱と湿が籠ってしまいますので

食べ物でうまく解消してくださいね。

体内の熱を冷ましたり、余分な湿を排出してくれる

苦瓜、きゅうり、トマト、ナス、トウモロコシ…など

おいしい旬のお野菜を積極的に食べてくださいね。

 

何を食べるかも大切ですが、食べない選択もあり。

どう食べるか?

ちょっと立ち止まって体の声に耳を傾けてみてください。

 

宙心夏3

薬膳ランチには季節の野菜・果物や

夏の季語でもある甘酒を使っています☆

 

ご参加のみなさま、ありがとうございました♪

 

※参考:現代の食卓に生かす「食物性味表」(編纂:日本中医食養学会)

 


 

<次回ご案内>

8月15日(月)  10:00~

テーマは「薬膳で夏冷え予防」

暑くても実は冷えている女性の体。

夏の冷え対策をご紹介します。

 

 

お問い合わせ・お申し込みはこちらまで