blog

薬膳講座・子宮力アップ~アンチエイジング~

 

こんにちは☆薬膳師の林映里子です

6月の薬膳講座・子宮力アップ~美しさを惹き出すアンチエイジング~を開催しました。

 

お食事でアンチエイジングというと、どんなことを想像されますか?

体のさび付きを解消するため抗酸化力のある野菜、果物の色素をとる

減ってくる女性ホルモンの代用成分を含む大豆や

生活習慣病予防に青魚や玉ねぎを食べる…などでしょうか。

 

現代栄養学ではひとつのことを改善するのに、この食べ物のこの成分を、と考えますが

薬膳の考え方はちょっと違います。

 

薬膳のアンチエイジングは「腎」の強化をしていくんですよ。

腎は人間生命の源と言われています。

生命エネルギーを貯蔵して、命や生殖・成長を司っていると考えられ、

女性の生理や妊娠とも大きく関わるので

子宮力を上げることは、体全体の若さを保つことになるのですね。

 

女性は7の倍数の歳に気をつけて、というテレビCMがありました。

中国最古の医学書「黄帝内経」にそう書かれているのですが

腎の生命エネルギーの状態が体の変化に現れていて

それが7年周期だと、昔の人は考えたようです。

男性は8年周期です。たしかに、女の子のほうが早熟ですものね。

 

腎の働きを助けてくれる食べ物には

くるみ、山芋、クコの実などのほか、黒豆や黒ゴマなど、黒いものがあります。

合わせて血を作る赤いものを摂るのがおススメです。

赤身のお肉や鮪、トマト、人参、パプリカ、クコの実、唐辛子など。

黒いもの、赤いもの、ひとつずつ毎日のお食事に入れるようにしてみてはいかがでしょう?

 

今回のメニューは ↓ ちょっとエスニック?

アンチエイジング全体

 

 

気血の巡りが良くなるようにスパイスや香りのものを使いました。

どれも簡単にできるものばかりですので

おうちでも薬膳を実践していただけたら嬉しいです。

 

ご参加のみなさま、ありがとうございました♪

 

※参考:現代の食卓に生かす「食物性味表」(編纂:日本中医食養学会)

 


 

<次回ご案内>

テーマは「夏の養生」。

もうすぐ暑い夏ですね。元気に過ごすコツをお伝えします。

※日時未定です。

 

お問い合わせ・お申し込みはこちらまで